秋の仁右衛門島

 

仁右衛門島(にえもんじま)は、太平洋にある島で砂岩で形成されています
鴨川市太海の沖合約200mにあって、周囲約4kmの千葉県でもっとも大きな島ですが個人所有です 
源頼朝が平家との戦いで身を潜めた洞窟などもありその他伝説の島でもあり千葉県指定名勝で新日本百景にも選ばれています

島主である平野仁右衛門の名に因み仁右衛門島になったといわれています
夏涼しく冬暖かい風光明媚な自然の楽園で島の南側は荒々しい海岸線が自然の防波堤の役割を果たしています