わたしの小さな旅(写真集)へ

ドイツ旅行

音楽、美しいお城や街並み、世界遺産、ビールにソーセージ
ドイツで唯一、海に面している港町ハンブルクや、
旧市街全体が世界遺産にされている
リューベックなどハンザ都市の他、木組みの家が立ち並ぶ小さな町々
14年前までの分割されたベルリン、大戦の名残を残した
ドレスデンなどを巡って写真をまとめて見ました

画像をクリックするとスライドショーのページに行きます

ハンブルグの町

広い通りに商店が建ち並びショッピングが楽しい街。

ハンブルグの朝市

生鮮食品から兎や鳩まで所狭しと並べられて楽しい市場です。

ハンブルグの町

ハンブルグ港の近くの運河に面した古い木組みの建物や市民の憩いのアルスター湖など新旧の雰囲気のある処。

ハンブルグの港

港町、工業の街、対岸には工場群がある.ドイツで唯一海に面している(バルト海)街です。

ツエレーの町

木組み建築の可愛い家が目を楽しませてくれる街お伽の国に迷い込んだ旅行者が散策しています。

リューネブルグの町

詩人ハイネが住んだという古い建物もあり藤の古木が覆っていた。築数百年の建物が静かに時代の流れを伝えてくれる処です。

ブレーメンの町

ブレーメンの音楽隊で有名な街可愛い像が数カ所で見られた。

シュターデの町

中世の歴史を留める町。

リューベックの町

古い歴史を感じさせる重厚な建物に圧倒されます。修復の繰り返しで昔を今に伝えてくれます。

シュベリン城

湖に浮かぶ城、橋が架かっているが湖にぽっかりと浮かんでいるようで絵になります。

ベルガモン博物館

ベルガモン博物館. 紀元前のベルガモン王国(現トルコの西部)の遺跡を発掘した 「ゼウス の祭壇」が展示されている。

ベルリンの町

説明するまでもないベルリン、14年前までは東西に分断されていたが、世界遺産としてベルリンの壁の一部分は残されています。

ツェツィリエンホーフ宮殿

ホーエンツォルレン家最後の皇太子が住んでいた宮殿で、この宮殿はユネスコの世界文化遺産にも登録されている。

ポツダム城

第二次大戦の終結に向けて連合国の首脳の話し合いの場所です。ポッタム城の後方にはゆったりした流れの河が緑の中に見えていた。

ライプツィヒの町

ライプツィヒは、見本市によって 発展した商業の都市です。本の都市としても発展して今があるのです。

マイセンの町

世界的にも有名な陶器の町マイセン、イメージと違い鄙びたところで美しい陶器は誕生するのです。

ドレスデンの町

大戦の被害を受けた教会の残骸を残して、廣島のドームと言うところでしょう、置物のように置いてありました。

ドレスデンの町

ザクセン州の州都。人口約50万。かつてのザクセン王国の首都はエルベのフィレンツェと称えられ、華麗な宮廷文化が輝くバロックの町である。

ビルニッツ宮殿

ザクセン皇帝フリードリヒ・ アウグスト1世が造らせた。 愛人としていたコーゼル伯爵夫人に広大な庭園とともに 贈ったものです。

ザクセンスイス

見渡すかぎりの砂岩の山、教会、塔、などの石作りの建造物はここの砂岩で作られているので建造物が黒くなるそうです。

ドレスデンの町

エルベ河が緩やかな流れを見せて人々の暮らしを見守っているようです。